FGO所持サポート星5鯖の個人的な解説&組み合わせ

サポートが増えてきて混乱してきたのでまとめるます。
もしかしたら一部強化クエ終わってないまま使ってるかも。
スカスカはいません。

・玉藻の前

みんなご存知Aサポーター!
フレに出してる人少ない気がしてしょんもりしてるけど、自前で用意する鯖なんだと思う。
スキルチャージを進める宝具が唯一無二すぎる。

補いたい点

全体防御バフ。攻撃が痛い。クリくらって即死の可能性もある。
HP回復。嫁入りだけじゃ足りない。
無敵。自分だけカチカチになっても、どうにもならないことが多い。

キャストリアとの差別化

チャージ減、無敵、HP回復手段の有無。
NPの配布がスキルか宝具か。
敵のチャージ攻撃を撃たせないのか、無敵で防ぐのかといったところ。ぶっちゃけお互いに無いものを補えるので並べた方が強い。

・孔明

前回の配布までうちにいない子だったので、レンタルしての話。
NP配りながら、攻防クリバフを撒く。宝具でチャージ減。
カード種別を問わないサポートが魅力。
瞬間火力を盛りたいなら、攻撃力アップと属性バフを盛れる他サポーターが有利か。

補いたい点

HP回復。防御バフがあるとはいえ、いつかは死んでしまう。
無敵。チャージ減だけじゃ間に合わないことが多い。

・マーリン

BバフサポーターのはずなのにBバフ以外に連れ回してる数が多すぎる……
攻撃力、B、クリバフ。無敵。
宝具で星出しHPNPリジェネ。

補いたい点

防御バフ。クリくらって即死が一番怖い。回復力を上回る攻撃をされると痛い。
チャージ減か無敵、スキルチャージ進行。マーリンの無敵のリチャージが敵のチャージに間に合わないことが多い。

他のBサポーターとの差別化

光コヤヤンとオベロンロンは引いたものの、まだ使ってないので実体験では無いです。
光コヤンスカヤ、オベロンは速射タイプ。マーリンは耐久タイプ。
また、光コヤンスカヤとオベロンは攻撃宝具のため、自身でもwaveを乗り越えられる。

・スカサハスカディ

Qサポーター。バサスロも巌窟王もいるのにスカスカ引けなくてシステム組めずに隠居してた話しかできない。

・キャストリア

Aサポーター。マーリンの時みたいに環境激変したやべーやつ。
攻撃力、アーツ、NP効率アップのバフを撒きながらNP配る。
宝具で回数性の対粛清防御。無敵の上位互換。

補いたい点

防御バフ、HP回復手段。いくら対粛清防御を高頻度で張れるからといって、それでもHPは減るので、リカバリーが欲しい。

玉藻との差別化はそちらを参照。

・光のコヤンスカヤ

Bサポーターのアサシン。
未使用だけどWコヤヤンのやばさは既によく聞く。
俺の凸カレセイバーをよろしくだぜ!の気持ち。

マーリンとの差別化

騎相手に出しやすい。
速射向け。スキルチャージ進行。

オベロンとの差別化
マーリンの隣に出せる。
あくまでBバフのみ。宝具火力に関するバフがない。

・オベロン

新クラス、プリテンダーのBサポーター。
NPの配布が最大70だが、細々としたデメリットが目立つので、めっちゃオベロンって感じがする。
使い所をちゃんと理解するのが呼んだマスターの責任なんじゃなかろうか。

他のBサポーターとの差別化

速射宝具ぶっぱ向け。宝具火力アップブースターが強い。
NP配布が最大。

組み合わせ

・玉藻×孔明

相手のチャージを減らしまくって、チャージ攻撃を撃たせないタイプ。
アタッカーもチャージ減を使えると◎

・玉藻×マーリン

私イチオシの組み合わせ。
防御バフが無いものの、減った分だけ回復できる。
凸プリコスマーリンで不労所得を目指そう!
玉藻が宝具を撃てばマーリンの宝具が溜まるし、マーリンが宝具を撃てば玉藻が撃てる。
マーリンの無敵が間に合わない時には玉藻のチャージ減を使ったりしてタイミングを合わせる。
個人的には宝具でNP配れるアタッカーだとより加速する。

・玉藻×キャストリア

玉藻を使いまくってたのが1部の頃で、この組み合わせは使ったことないからピンと来ない。
Wキャストリアオダチェン玉藻のアーツで3waveを駆け抜けるとかかなぁ。そこまでバフを盛らないといけない、耐久しないといけないクエスト行きたくないよぅ。

W孔明

めちゃめちゃ見た光景。
宝具を速射しつつ、チャージ減で耐久もできる。
属性バフが無いのが気になるぐらいで、逆に属性に囚われずにサポートが可能。

・孔明×マーリン

Bアタッカー向けのサポート編成。
孔明のチャージ減がマーリンの無敵リチャージ調整に便利。
マーリンが1ターン目で宝具を撃てる利点がマジでデカい。

・孔明×キャストリア

Aアタッカー向けのサポート編成。
ぶっちゃけ、これ組むならWキャストリアの方が便利。
Aバフが2つもかかるし、NP獲得量アップも2つかけれるので。
どうしても防御バフが欲しい時にしか使わなさそう。

・マーリン×キャストリア

痒いところに手が届く妖精コンビ。
BバフとAバフで種類が違うが、アーチャーなら宝具の色を変えられるしなんの問題もないんだなぁ。星も出るしね!
防御バフが無いので、意外なところで即落ちされて戦線が崩壊する。

Wマーリン

星の内海物見の台楽園の端からガーデンオブアヴァロン
宝具さえ撃ち始めたら、HPNPリジェネに加えて星がジャラジャラする。
集めた星でクリってNPが溜まる。
防御バフが無いので、落ちて戦線崩壊したらアプリを終了しよう。
オススメ礼装はWマーリンに凸プリコス。結構どころじゃなく難度高いけど、ジャラジャラジャラジャラできるので楽しい。問題はマーリンに絆アップ礼装の人が多いこと。

Wキャストリア

みんな大好きAシステム。
アタッカーオススメ礼装は黒聖杯。
防御バフも回復もないので、耐久しすぎると死ぬ。

エリヘク+買いました

そういえば、ツイッターでは言ってたけど、エリヘク+の繋絵を買いました!

エリウッドは以前、友人から譲ってもらったので2枚目です。
へっくんはむかーしむかし、大会優勝の商品で頂いたのですが、お金無くて手放したのを若干後悔してたので、売値とトントンで戻せたので良かった!

リボステヴァリアー編の感想

U-NEXTちゃんにお試し登録したら見れたのでつい。

前編は導入と晴雷雨嵐戦。
後編は霧雲大空戦とエピローグとして未来編の導入。

1から10まで見知った内容なので、安心してニコニコ見てました。
当時、山のような夢サイトを渡り歩いた私です。ヴァリアー編はお手の物です。

家光バジルはもちろん、ヴァリアー側と家庭教師としてディーノさん、コロネロも参戦し、チェルベッロも出てくるので、めちゃめちゃ人が多い。

移動式の壁が4枚くらい舞台には設置してあって、そこに映像を投影することにより、キャラクターの技や退場が演出されてて、上手いなぁって。

山本の登場シーンの全てを好意的に受け止めて見てたので、どう足掻いても山本が好きなんだと認めざるを得ないです。
黒曜編で刀似合うからヴァリアー編楽しみって言ったけど、ほんまマジでかっこいい。雨戦最高だった。

嵐戦は獄寺くんかわいいって喚いてたら終わってしまったので、具体的な感想は出てこないです。
不良と忠犬の間を反復横跳びしまくる獄寺くんかわいいんよ。ガラも口も悪いの最高。

前編のカーテンコールではディーノさんのお辞儀の仕方が完全にイタリアのキザ男の投げキッスお辞儀でキレました。
ディーノさんがポンコツ跳ね馬だから忘れてたけど、イタリアの男でしたね。

雲雀さんのコメントがマジ雲雀さんで、キャラクターとしてコメントされるとオタクは軽率に死にます。

OP曲が前編と後編では別になってて、アニメとリンクしてたのは無闇矢鱈とテンションバカ上がる。

霧戦の骸さんの殺陣は良かった。
黒曜編よりもガンガンにアクションしてくれて足長いのが際立ってる。
ツナくんに「ありがとう」って言われた瞬間の骸さんの顔がドツボです。これは良い2769。ボスは全てを包み込む大空なので守護者全員抱いた。

殺され屋のモレッティ、オレガノ、ターメリックも出してもらえるなんて思ってなかったので、とても嬉しい。

大空戦は走り回るツナくん見て、しんどそうって思いました。
ハイパーツナくんとノーマルツナくんで声質変えて演技してくれてるのめちゃめちゃ嬉しい。ハイパーツナくんは守護者全員抱いてる。

後編のカーテンコールは雲雀さんのお辞儀が優雅でかっこよくて頭がバクった。
ディーノさんの投げキッスで黄色い悲鳴が上がったのはめちゃめちゃ面白かった。
骸さんがコメントでarrivederciって言った時に観客と一緒に「ふうぅ〜〜〜!」って言っちゃった。
arrivederciは卑怯でしょ。
山本がコメントの滑り出しで「ヴオオオオイ!!」って言ったのは最高だった。山本自身、敵対してたとはいえ、スクアーロのことは尊敬してるっぽい描写があったので、それが垣間見えて大変良かったです。
犬と燕育てとくって!!

最後にニーコさんが「両手を頬の隣に上げて、チャオチャオ〜でお別れをしましょう」って言って、ツナくんやノリのいい守護者は応じてくれるんだけど、ヴァリアー側というかザンザスが手を上げてくれたものの、チャオチャオ〜はしてくれなくて、というかスクもしなくて、守護者側も雲雀さんと骸が全くやる気なくて不動で、了平お兄さんが「どうすればいいのだ!?」って困惑しててかわいいーー!!
クロームも困惑しつつ、骸にならってて、群れない雲雀さん安定だし、マフィア風情とは馴れ合わない骸さん最高。

思わず未来編のチケット取りたくなっちゃった。
でも殆ど知らないんだよねぇ。

衝動買いしたキャップレスデシモちゃんが届いたわよ!

わーい!!!!
衝動買いして若干後悔してたキャップレスデシモちゃんが届いたわ!

4本目のキャップレスデシモちゃんで、お初字幅のEFに、初めての通常カラーにしました!
この流れは黒青系用のEFちゃんも買いそうな流れですね。
金トリムやオレンジカラーによわよわなので、限定ばかり買ってたけど、これはこれで可愛い。

細さとしてはカヴァリエのFに近いかも。カクノのFにも近い。
完全に手帳用の細さ。
よく聞く「針先で書いてるようなカリカリ感」はたしかにある。ただ、金ペンなだけあってカヴァリエやカクノより柔らかくしなやか。
万年筆特有のぬるぬる感は少ない。その辺を味わうならF以上か。実際キャップレスのMはぬらぬらのぬめぬめだしね。

赤ペン用にしたかったので、インクは色彩雫の躑躅に。
夕焼けにしようかとも思ったけど、少し薄すぎる気もしたので、躑躅した。
限定でもないし、最終的にはパイロットに限らずインクを入れるようにはしたいな。まだ勇気出ないけど!

落書き

すずらんちゃんはひさびさにインクを入れました。前は純正ブルーブラックです。

FGO第2部6章前後半感想

アヴァロンお疲れ様でしたー!
SNやってた俺を滅多打ちに刺してくるシナリオでした。
彼女を愛し、共に夜を駆けた俺に向かって刺しに来てましたね。いやー死ぬかと思った。

こんな26章は嫌だ!セイバーの願いが叶い、セイバー以外の誰か、アーサー王が治める異聞帯ブリテン〜ティターニア疑似鯖愛歌お姉ちゃんを添えて〜をされなくて本当によかった!!!!
そんなことされたら、セイバーを愛した俺と夢女子の私が滅多刺しにされて死ぬところでした。

ティターニアは推し悪魔でもあったので、ほんとまじで愛歌お姉ちゃんの疑似鯖でお出しされたらひっくり返ってた。いやほんとまじでお姉ちゃんとは主語のないお茶会はしたいんですけど、それ以上は彼女とは相容れないので。ダメです。セイバーは私のなんだから!!

26章は2部開始当初から楽しみだったので、ずーっと待ってました。前半が公開された時も、途中で待たされるのが嫌だったので、後半が実装されるまで待ってたのにこの仕打ち!!酷いわよ!エピローグの実装までしばらくあるなんて聞いてないわよ!

キャスニキとキャストリアと村正がわちゃわちゃするシーンがあったのですが、3騎士かわい〜〜って和んだものの、3騎士クラス誰一人としていねぇ。村正に関してはアーチャーですらない。
完全なる赤の他人でした。

女王が太っ腹だったので大変喜んだのですが、一瞬で消し飛びました。100億くれ。

ガチャに関してはPU1の時に妖精トリピだけ引きました。妖精トリピの見た目が可愛かったので、引いててよかったー!
妖精ガウェインも引いとけばよかった。シナリオ見てからだと妖精ガウェインもかわいいなぁ。弊カルデアは貴女のお越しをお待ちしております。
モルガンはよくわからんなぁ。来ないなら来ないでいいんだけど。円卓関係は大体いるので揃えておきたさはある。
妖精ランの王子様ムーブにはついうっかり転げ落ちかけたので、欲しいけど石は貯めておきましょうね。
パーシヴァルは欲しいなぁ。あれは良いランパシだった。お空の私が隣で頭かきむしって暴れてる。お空の私はランヴェとジクパーなので。そういえばジークさんだけ円卓由来の名前じゃないね。ヴェちゃんはアグラヴェインでしょ。たぶん。
パーシヴァルいいお兄さんだった。欲しい。多分使わんが。

今回の戦闘MVPはアーチャーと村正かな。この衛宮士郎コンビ、キャストリアとマーリンで挟めば宝具2連射までは余裕なので大助かりでした。
アーチャーが100%で宝具打ったのに凸蒼玉のおかげか、200%まで溜まってたのは頭が悪いなって思いました。
相性有利取れないところはサポートのロリンチちゃんをキャストリアで挟んだり、キャストリアマーリンしたりしてたんですけど、いやーこれダメなレベルのNP効率なのでは?こんなの許されるんだって思いました。
倉庫にいるロリンチちゃんを育てます。せっかくの宝具
2だし。周回が楽になるといいな。

#FEencore1章「スタア誕生」感想

覚書用シナリオメモ

舞子の言うアジトへ斗馬の案内でやってきた二人は芸能事務所フォルトナエンタテイメントの説明を受ける。
表の顔は芸能事務所、裏の顔はミラージュの調査隊として活動しているのだという。
二人には話していなかったが、斗馬の所属する芸能事務所もフォルトナエンタテイメントなのだ。

斗馬の勧めで奥の部屋へと足を踏み入れた二人は驚くべきものを目にする。教会のような廃屋を青々と茂る樹木が覆い尽くしている幻想的な場所だ。
ブルームパレス。緑の髪の幻想的な少女がここの主のチキだ。
樹のことをお兄ちゃんと呼ぶ少女は、戦うことができない代わりに、ユニティという新しい力を得るための儀式を行うことができるのだった。

舞子さんが予約したというレッスンスタジオは烏頭目芸能塾という。渋谷のスクランブル交差点のすぐ側だ。
バリィ・グッドマン。恰幅のいい金髪の男がコーチだ。
限定版のフィギュアのため、3倍の速さと密度で行われたレッスンは厳しい。
つばさの歌には魂がこもってないとバリィは言う。プロとしての覚悟が足りないと。
励ます樹につばさは変わらないねと嬉しそうに微笑んだ。
つばさと入れ替わるように霧亜がやってくる。
自分のライブから学ぶようにとチケットをくれた。

ライブのさなかにミラージュに取り憑かれたつばさの姉、彩羽が乱入する。
彼女を追い、イドラスフィアへと潜り込む。
中層で一度は追いついたものの逃げられ、屋上で再度追い詰める。
中層では様子のおかしかった彩羽だったが、ミラージュのせいでつばさの声が届いていなかったのだ。
苦悩も挫折も葛藤も全部聞こえなければいい。
樹はつばさに「つばさの歌でお姉さんに想いを伝えればいい」と言う。
樹に背中を押されたつばさは、姉のため歌う。一緒に歌ってくれた優しい笑顔と歌声のため。
彩羽への呪縛を解いたつばさだったが、彩羽に憑いていたミラージュが一行に襲いかかる。
インバースを退けたものの、彼女は「私が倒れてもまだまだこちらの世界にやってくる」と言葉を残して消えた。
正気を取り戻した彩羽とつばさはやっと再会することができたのだった。

今回の事件で判明したことは、敵は異世界から組織だって攻めてきていること。
このことを警戒し、霧亜も樹たちと行動を共にすることとなった。
彩羽は芸能界への復帰のリハビリも兼ねて、事務所にスタッフとして働くこととなる。

舞子からどんな仕事がしたいかと樹は問われた。
しかし、樹は特に芸能人になる気は無いという。
舞子は、つばさと一緒に歌のレッスンを受けて、歌手になりたい気持ちはなかったのかと聞くが、自分は彼女を応援したいのだと答えた。
それなら、と舞子は樹に全てのジャンルの仕事を任せることにしたのだ。

インターミッション

斗馬くんのサイドストーリー「明日に向かって突け」

雷牙の追加戦士のオーディションに向けて気分を高めたいからと雷牙のショーに誘われる。
東母デパートの屋上
雷牙のショーに浮かれる斗馬だが、通りすがりの少年に「いい年こいて馬鹿じゃないの」と馬鹿にされる。作り物の話でヒーローなんているわけないと。
「新ヒーローとして登場するから!」と去っていくやさぐれた少年に斗馬は声をかけた。
子供たちを笑顔にするのがヒーローなのだと、斗馬は語る。
次のオーディションを落ちる訳には行かなくなった斗馬は樹と共に修行することになった。
だいたまのイドラスフィアでモンスターを狩る。
新たなパフォーマを入手し、レディアントスキル、爆進の扉を得る。
遂に選考会当日。怪人ウシゲノムとしてヒーローショーに出演する斗馬がいた。
番組のオーディションは落ちたものの、ヒーローショーの怪人役にはなんとか受かったのだ。監督の「経験を積んでこい」という言葉で紹介された役だ。
以前、ヒーローショーで会った男の子には誠心誠意謝ることとし、斗馬はこれからもヒーローを目指して励むのだった。

チキのサイドストーリー「ちっきちきにしてあげる」

チキは俺の嫁Pの様子を見てきてほしい!
チキ嫁Pはどうやら最近作曲をしてないらしく、チキはそれを心配している。
チキ嫁PはTIKIのシールの貼られたノートパソコンを使って、カフェで作曲しているそうだ。
チキ嫁Pが106付近で消えたという情報を入手する。
106のイドラスフィア内でチキ嫁Pを発見する。彼女は呼ばれてここに来たのだという。
ブルームパレスへと戻ると何かの練習をしているチキを見つけた。チキはカルネージフォームになる練習をしていたのだ。
カルネージフォームになればチキ嫁Pを助けに行けると思ってのことだった。力のなさをチキは悔いていた。
俺には俺にしかできないことがあるし、チキにはチキにしかできないことがある。それを補い合えるのが本当の仲間だと樹は説いた。

感想

カフェ、セイレーンの店員がイレースちゃんに似てる気がする。前にやった時は気づかなかったな。

彩羽さんの赤ローブのお袖のところ、ルフレとよく似た目が描いてある。
ギムギムがなにか関わってるんですかね?

チキ嫁Pに若干引いてる樹くんを見て、わかる気がするわーってなるなどしました。
愛は性別も次元も越えると説かれても、うん、引いちゃうよね。
でもまあ、私自身、普段からクロムは俺の嫁と言ってるので、チキ嫁Pと一緒なんだなぁ。

#FEencore序章「リインカーネーション」感想

覚書用シナリオメモ

アイドルオーディションを受けに来たつばさちゃんとそれをたまたま見かけて追いかけてきた樹くんは異界イドラスフィアへ迷い込む!
そこでクロムとシーダに出会い、ミラージュマスターとして覚醒する。
赤城斗馬とカインの助けにより、だいたまのイドラスフィアから脱出した二人だったが、そこで舞子からイドラスフィアとミラージュマスターの説明を受けた。
こけら落とし消失事件、つばさの姉が行方不明となった事件にもミラージュが関わっているという。姉の行方を探すためにも、つばさは舞子にミラージュマスターとして協力することに決めた。

感想

#FEは以前WiiU版を途中までやってたので、サクッと序章をクリア。
変わらずクロムがかっこよくてテンションが上がる。
シャープって結構かけあいボイス多いよね。